コスメ

ホーム » おにぎり編 » 食べる食材のルールを作り痩せる

スポンサードリンク

食べる食材のルールを作り痩せる

健康アップ17S.jpg

おにぎりダイエットにはルールがあり、
そのルールを破らないように進めていくことが大切です。


また、おにぎりダイエットには段階があり、
その段階によって食べても良い食材が違ってきます。
違ってくると言うよりは、
新しく食べられる食材が加わってくるのです。


段階が進むほど厳しさが緩和されてくるので、
続けやすいダイエットと言えるでしょう。
まず、おにぎりダイエットを始めたばかりの第1段階は
一番厳しくて食べられるのはおにぎりと野菜だけです。


油分についてはアマニ油を少しずつ摂ります。
つまり、甘いものとアルコールは
一切摂らないようにします。
この段階では、野菜をサラダで摂る時工夫が必要です。


おにぎりダイエットでは
ドレッシングやマヨネーズは使えませんので、
塩やポン酢などで工夫して摂るようにします。


そして毎食のおにぎりの数は、だいたい朝昼夜で
1個・3個・1〜2個を目安として
割合が決まっています。


第2段階では、引き続き第1段階のように進めながら、
鶏肉を食べても良くなります。
鶏肉はゆでて食べるのが基本です。


油分を控えめにするのは引き続き変わらないので、
調味料にも工夫します。
そしておにぎりダイエット第1段階と一番違うのは、
アルコールか甘い物のどちらかを
少しだけ摂っても良くなります。


これらは第1段階でかかっていたストレスを
改善する効果があり、ダイエットの速度は
一時遅くなると思いますが、
精神的には落ち着く事でしょう。


最終的には第1段階と第2段階を
交互に進めていく事になるのです。

スポンサードリンク

Return to page top