コスメ

ホーム » くびれ編 » ウエストに脂肪が付いてしまいくびれがなくなる原因

スポンサードリンク

ウエストに脂肪が付いてしまいくびれがなくなる原因

ilm14_be02010-s.jpg

最近ウエストに肉が付いてしまい腰のくびれが無くなったと
悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか?

若い時は、気にならなかったウエストラインも
年齢と共に崩れていってしまいます。
それではくびれはなぜ無くなってしまうのでしょう?

くびれの無くなる原因になっているのが大腰筋の衰えからです

大腰筋は普段あまり鍛えられる筋肉ではなく
腹筋や内臓のさらに奥深くにある筋肉の事でして

背骨を引っ張って正しい姿勢にする為や
太ももを上げるために大切な筋肉なんです

この大腰筋が衰えると、背骨がまっすぐに出来ず
猫背になったり、お腹がポコッと出てしまいます

その他にも、大腰筋と共に衰えるのが腹筋で
この腹筋まで衰えると、体全体の筋肉が衰えるという
怖い連鎖反応を起こしてしまいます

低下した筋肉に変わり増えてしまうのが脂肪になります

筋肉が落ちることで基礎代謝が低下して、
ますます脂肪が体内に蓄えられていくのです

また、代謝が悪くなるとリンパの流れが悪くなったり
長く悪い姿勢をとっていたことが原因で骨盤が開き
歪んでくるなどが原因でくびれが消えてしまいます

女性は特に子宮や卵巣などを外からの衝撃や寒さから
守ろうとして皮下脂肪が付きやすくなるのですね!

この脂肪は分解されにくく1度付いてしまうと
中々落とすことが出来ないようです。

皮下脂肪が溜まって代謝しなくなると
セルライトが出やすくなるので、出来るだけ
皮下脂肪が付かないようにする事が大切です

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top