コスメ

ホーム » くびれ編 » モデルの様なくびれがあるプロポーションを作り上げる為に・・

スポンサードリンク

モデルの様なくびれがあるプロポーションを作り上げる為に・・

ilm14_bk03006-s.jpg

美しい女性のプロポーションというものは
メリハリのきいた体型でほとんど決まります。

いくらバストラインやヒップラインが美しくても
ウエストにくびれが無ければ、全体の美しさは
半減してしまうのですね

くびれのあるプロポーションを女性が意識し始めたのは
一体いつの頃からだと思いますか?

1750年ごろヨーロッパではコルセットが流行しました
コルセットは、美しいラインを作るため鯨の骨や
鉄鋼製のボーンを使用して形状を作っていたんです

ウエストを締めるために、コルセットに取り付けられた
紐を引っ張ってくびれたラインを作り上げましたが
手伝いの手を借りて締め上げていたようです。

豊かなバストとは対照的にウエストを細くしていたのは
当時のファーズィンゲールと呼ばれている釣鐘型の
フープスカートが流行った事から始まりました

今で言う、補正下着の原型と言えます。
ウエストを細くするだけでなくウエストとバストのラインを
美しい形にするためのものだったので
かなり分厚い生地を使用していました

もちろん体を締め付けるためにタイトレイシング
(過剰にウエストを締める)に反対の医師の声もありましたが

細くくびれたウエストを手に入れる為に女性達は
コルセットで引き絞ることを止めなかったようです
この当時の理想のウエストサイズは
約42センチと言われていました。

現在では、昔のコルセットとまでは行きませんが
ウエストニッパーと言う補正下着として使われています

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top