コスメ

ホーム » くびれ編 » たるみで隠れた脂肪を取り綺麗なくびれを作る|骨盤周りの筋トレ

スポンサードリンク

たるみで隠れた脂肪を取り綺麗なくびれを作る|骨盤周りの筋トレ

ilm16_cd03006-s.jpg

ウエストの周りに脂肪が付いてしまいくびれの無い体型は
大腰筋の衰えからきているものです。この大腰筋を鍛える事で
理想のくびれたウエストを手に入れる事が出来ます

大腰筋は腹筋の奥にある筋肉なので単に腹筋を鍛えただけでは
大腰筋を鍛えたことにはならないのですね

大腰筋を鍛えるためには骨盤の周りの筋肉を鍛えることが大切!

大腰筋を鍛えて骨盤の歪みや背骨全体の歪みを直すことで
体全体のバランスが取れたくびれのある体型になれます

大腰筋を鍛えるエクササイズにはその場で足踏みをする
簡単なものがあります。背筋を伸ばしてその場で足踏みをします
太ももと床が平行になる高さまで足を上げることがポイントです

初めは、1分間繰り返しますが慣れてきたら
3~5分間ほど頑張るようにしましょう。

もう1つ、大腰筋を鍛えるエクササイズは床に寝て行います。
床に仰向けに寝て、腕を腰の脇に置いて体を固定させます。
足を揃えて伸ばし床から少しだけ浮かすようにして下さい。

足を伸ばしたまま床から90度の所まで足を上げて止めてから、
最初の位置まで戻していきましょう!

10回1セットで2~3回を週に3回程度行うとOKです

足を上げる時は息を吐きながらゆっくりと上げていき
息を吸いながらゆっくり元の位置まで戻します。

骨盤の歪みを直しながら骨盤周りの筋肉を鍛える事で、
ウエストのくびれが現れてきますがそれだけでなく
血液やリンパ液の流れも良くなるので

溜まった老廃物を排泄することも出来ます。

体全体のバランスがとても良くなりウエストにも
くびれが出来て下半身のセルライトも無くなります
骨盤周りの筋トレがポイントです

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top