コスメ

ホーム » ウエスト編 » ウエストダイエットをする前に脂肪がついた原因を知ろう

スポンサードリンク

ウエストダイエットをする前に脂肪がついた原因を知ろう

S.jpg

最近、ウエスト周りについた脂肪を落とす
ダイエット法が注目されていますが、それに
取り組む前にどうして脂肪がついてしまったのか
その原因を知っておく必要があります。

脂肪がついてしまった理由が分かれば、
自分に合ったウエストのダイエット方法を
見つける事が出来るからです。

ウエスト周りに脂肪がついてしまった体型を
2つのタイプに分けることが出来ます。
「洋ナシ型肥満」と「リンゴ型肥満」と
呼ばれるものです。

一般的に洋ナシ型肥満は女性に多く、
リンゴ型肥満は男性に多いと言われています。

生活習慣病の危険があるのはリンゴ型肥満で
内臓の周りに脂肪が多くつく事によって
このような体型になるのですが、

ダイエットの効果でウエスト周りがすっきり
しやすいのはこちらのタイプです。
女性に多い皮下脂肪よりも、内臓脂肪の方が
落としやすいと言われているからです。

自分の脂肪のつき方が、洋ナシ型なのか
リンゴ型なのかによって、ダイエット方法が
違ってくるのです。

自分の方法に合ったダイエット方法を見つける
ことで、ウエストに効果が出てくるのです。

自分の体型が洋ナシ型なのか、リンゴ型かは
CT撮影をしないと正確に判断出来ないですが、
ウエストとヒップの割合から大体を判定する事
は出来ます。

ウエストをヒップで割るわけです。
ウエストとヒップの比が0.7以下なら
洋ナシ型肥満、女性0.8男性1.0以上
ならリンゴ型肥満だと判断できます。

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top