コスメ

ホーム » スクワット編 » パラレルスクワット|腹筋を鍛え、お腹を引き締める

スポンサードリンク

パラレルスクワット|腹筋を鍛え、お腹を引き締める

ストレッチ4S.jpg

パラレルスクワットは中級者の方向けのスクワットになります。
スクワットと言うと、立った姿勢から、かかとにお尻が付くまでの
フルスクワットを考える方も多いかと思います。

でも、日頃、筋力トレーニングなどをしている方でないと、このフルスクワットは
かなりきついので、ダイエット効果が現れる前に腰や膝を痛めかねません。

ダイエットとして行うのでしたら、そこまで深く腰を落さないで、
太ももが床と平行になるパラレルスクワットくらいで充分でしょう。

今回は、ダイエットのためのパラレルスクワットをご紹介します。

これは腹筋を鍛えるスクワットになりますから、
お腹が気になっている方には特にお勧めします。

①まず両足を肩幅程度に開いて立つ。

②両足のつま先は真っ直ぐ前を向くようにし、平行に揃えて行う。

③太ももと床が平行になるくらいまでゆっくりと腰を落し、次にゆっくりと戻していく。

これを1回として10回1セットとし、1日に3セットするのが理想です。
もちろん最初は無理をせずに、回数よりもその姿勢などを崩さないことに
意識を集中してください。

呼吸はしゃがむときに鼻からゆっくり息を吸い、
戻すときに口からゆっくり息を吐くという形です。

このトレーニングは、太ももと床が平行になるくらいまでしゃがみ、
それから戻していくときに腹筋を使うことになるので、腹筋力がついてくるのです。

スポンサードリンク

Return to page top