コスメ

ホーム » プチ断食編 » プチ断食の具体的なモデル|半日断食での回復食

スポンサードリンク

プチ断食の具体的なモデル|半日断食での回復食

ilm16_aa05023-s.jpg

朝食だけを抜く「朝だけプチ断食」がありますが
これを数回行なうと身体も慣れ排泄がよくなったなどの
効果を体内から感じられるようになります

朝食抜き断食の次の段階は「半日断食」です。
前夜は19時か20時には夕食を摂り終えるのは
朝食抜き断食と同じです。

そして、翌日は朝食と昼食に「りんごと人参のジュース」を飲み
夕食には断食回復食を摂ります。

朝は人参2本とりんご1個で作った生ジュース
昼は人参1本とりんご2個で作った生ジュースといった感じ
夕食はプチ断食後の胃にやさしい回復食を摂るのです

ご飯はお茶碗に6分目程豆腐とわかめの味噌汁・梅干2個に
シラスおろしといった具合です。

普段を思うと少なく感じるかもしれませんが思いのほか
美味しくいただけてなおかつ充分な量なのです
もちろんお腹が空いているからと急いで食べてはいけません。

私達の脳の満腹中枢が「お腹が一杯になった。」と認識するのに
20~30分ほどかかるとされているのでそれ以上の時間をかけて
ゆっくり食べることが大切です。

またこの回復食もひとつひとつ意味があるのです。
梅干のクエン酸は休んでいた胃を刺激し胃液の分泌を促進します

大根おろしは消化促進、味噌汁は塩分補充
豆腐や味噌でたんぱく質補充です。人によって
半日断食は空腹のつらさが異なります。

それほど苦しくもなく過ごす方もいれば、
かなりつらい方もいるでしょう!つらいときは
1~2個の黒飴を舐めたり、生姜のすりおろし
(生姜チューブでもOK)を入れた生姜紅茶を
飲んだりして気を紛らわせてください

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top