コスメ

ホーム » プチ断食編 » プチ断食中には黒砂糖がお勧めです

スポンサードリンク

プチ断食中には黒砂糖がお勧めです

紅茶S.jpg


前回に引き続き、プチ断食中に強い味方と
なってくれる食品をもうひとつご紹介します。


水だけを飲む完全な断食で1日や3日行うのは
さすがに空腹感が大変でしょうが、このような
水断食ではなくプチ断食なら、野菜やフルーツの


ジュースや生姜紅茶を飲んでいるので、
空腹感との戦いはずいぶん楽になります。


なぜなら、フルーツなどに含まれる果糖が
血糖値を上げてくれて、これが脳の視床下部


にある満腹中枢に作用し、空腹を感じるのを
多少なりとも抑えてくれるからです。


たとえば、人は空腹を我慢しているとき
「お腹いっぱい食べたい。」などと思いますね。


ですが、本当のところ、空腹感はお腹の中に
物がたくさん入っているかどうかではなくて、
血糖値が減少すると、脳に作用して実感する
ものなのです。


プチ断食は断食を成功させやすいようにジュースや
生姜紅茶を飲んだりしますね。


断食ジュースといわれる野菜や果物のジュースには
果糖が含まれています。


一方、生姜紅茶を飲むときは、甘味を加えて血糖値を
上げたるために「黒砂糖」が効果的です。


プチ断食中は白砂糖ではなく「黒砂糖」を使うことを
勧めるのもわけがあるのです。


砂糖はサトウキビの絞り汁から作られるのは
ご存知ですね。


そのうち、白砂糖は、絞り汁を遠心分離機で
振り分けた中から砂糖の結晶だけを取り出して
作ったのです。


反面、黒砂糖はサトウキビの絞り汁を漉(こ)して、
石灰で中和させたものを煮詰めて作られます。


こういった作られる過程によって栄養価にかなり
違いが出てくるのです。


そして、黒砂糖はビタミン(ビタミンB1、B2、
パントテン酸、ナイアシンなどのビタミンB群)や、


ミネラル(カルシウム、カリウム、亜鉛、鉄、銅)を
豊富に含んでいます。


このように、生姜紅茶に黒砂糖を勧める理由は、
飲み易く、血糖値を上げるということばかりでなく、
栄養価の高さと体を温める効果を期待できるからです。

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top