コスメ

ホーム » プチ断食編 » プチ断食は腸を休ませ免疫力を向上させます

スポンサードリンク

プチ断食は腸を休ませ免疫力を向上させます

ilm19_da01002-s.jpg

今回はプチ断食のあまり知られていない
リミットについてお話します。

それは、プチ断食をするようになって、
風邪を引きにくくなったと感じる方が
多いということです。

これは、プチ断食で腸内がきれいに掃除され、
腸内が酸性に保たれるためその酸により、
ウィルスなどが侵入しにくくなり、感染を
防いでいるためと考えられています。

ところで、「健康のためには、まず腸内環境を
整えることから始まる」という話はご存知ですか?

これは、腸管には人が持っている免疫器官のうち、
いちばん大きな免疫の仕組みがあることから
言われています。

腸管を広げるとテニスコート2面分という広さと
言われるほど、とても広いのです。

ただ、粘膜は外部から細菌が侵入しやすく、
事実、癌の発生も粘膜に多いのです。

しかし、これほど広い粘膜を持つ腸には、体の中の
免疫システムの70%が集まっていて、常に食物に
付いてくる細菌などの侵入に備えています。

その腸の免疫システムの働きを助けるために、
善玉菌を増やしたり、便秘を解消したりなどの
対策が考えられますね。

そして、そのほかに腸を休ませることで
免疫力を向上させようという考えもあるのです。

つまり、プチ断食を正しく行うことによって、
ふだん食べ過ぎている脂肪分の多い食事や
ストレスで疲れた腸を休ませようというわけです。

ただ、腸は食物の消化吸収で存在している臓器
ですから、むやみに休ませればいいとか、柔かい
ものだけ食べて休ませればいいとはいえません。

プチ断食にしても、その準備期間や断食期間、
回復期間など方法を正しく守って行うことが
大切になってくるのです。

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top