コスメ

ホーム » 二の腕編 » 腕立て伏せで二の腕ダイエット

スポンサードリンク

腕立て伏せで二の腕ダイエット

腕立て伏せ.jpg

二の腕は知らないうちにたるんでしまい、また肉のつきやすいところです。
二の腕が太いと、全体的が太って見え、肩のラインが引き締まっていると、
全体も痩せて見えるのです。

特に女性は夏の季節、ノースリーブやフレンチスリーブなど可愛く涼しげな
服を着たいものですが、鏡の前でもしむちっと出た二の腕を見てしまったら
ため息がでてしまいますね。

二の腕のたるみが全体のイメージを決めてしまうのなら、この二の腕を
ダイエットしてすっきりとさせてしまいましょう。
そこで二の腕ダイエットに、腕立て伏せをしてみませんか?

腕立て伏せはかなりきつそうなので、続けられるか心配と始める前から諦めて
しまいそうですよね。

でも、普通の床に手をついて腕を屈伸させる腕立て伏せではなくて、もっと
筋肉の負担を軽くした腕立て伏せがあるのです。

それは、座って行う腕立て伏せで、これで二の腕ダイエットをしてみましょう。

①まず体育座りをして、両手を後ろの方につき伸ばしておく。

②腕に体重をかけながら肘を曲げていき、限界まで曲げたら、腕を伸ばし
もとの位置にもどる。

これを10回繰り返します。
これだけでも充分に二の腕ダイエットになります。

また、腕立て伏せを行うときは腹筋や背筋も使いますので、ふだん運動をして
いなくて全体の筋肉が衰えている方は、腰を痛めたりすることも考えられます。

腰に負担のかからない腕立て伏せを行いましょう。

①うつ伏せになって手を肩の近くにつく。

②膝を床につけたままで体を起こしていき、肘が伸びきらないところで止め、
ゆっくりと肘を曲げていく。
このときの腕は、脇にしっかりとつけたまま行う。

これを10回繰り返して1セットです。

始めはきついので、3セットくらいから始めて、慣れてきたら5セットに増やして
ください。

腕立て伏せの最中は、やはり二の腕の裏の上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)
に意識を集中して行うとダイエット効果が高まります。


スポンサードリンク

関連記事

Return to page top