コスメ

ホーム » 巻くだけ編 » 巻き方は部位によって違ってきます

スポンサードリンク

巻き方は部位によって違ってきます

女性2S.jpg

巻くだけダイエットは簡単とはいうものの、
実際にはどんな巻き方をするのでしょう。


決して難しいものではありませんが、
決まったバンドの巻き方があるので
気をつけて行いましょう。


バンドの巻き方を部分別に説明します。


まず、ウエストや脚の場合は、
おへその下にバンドを当てて巻きますが、
その際、バンドが股関節の上を通るようにし、
巻き終わりは、内側に折り込むようにします。


次に、ウエストと肩こりが気になる場合は、
バンドを二つ折りにして使用します。そして、
たすきがけのようにして、8の字にかけます。


お尻や脚の場合は、お尻に当てたバンドを
左右の太ももにそれぞれ一回りずつ巻きつけ、
やはり巻き終わりは内側に折り込んでください。


このように部位によって巻き方は違ってきますが、
どの場合も巻く時間は3分です。


巻くだけダイエットには他にも様々な
巻き方があり、部分によって違ってきます。


また、二の腕やO脚にも効果がありますから、
いろんなところを試してみたいですね。

スポンサードリンク

Return to page top