コスメ

ホーム » 肉だけ編 » 荒木式肉食ダイエット法|本来は肥満や糖尿病のためのダイエット法

スポンサードリンク

荒木式肉食ダイエット法|本来は肥満や糖尿病のためのダイエット法

OKサインを出している医師S.jpg

肉だけ食べるダイエット法の考案者は
崇高クリニック院長の荒木 裕先生です。

本来は肥満や糖尿の方のためのダイエット法で、
書籍も4冊程書かれています。

書籍においては、ただ肉を食べて痩せようということではなく、
炭水化物が生活習慣病の原因を作っているとし、

糖の摂取を控え、その分肉を食べて健康な
太らない体を作るといった考え方です。

糖尿病の方には肉も制限すべきものとされていますが、
ここでは糖を止めて肉をしっかり食べれば、
糖尿病は治るとまで書かれています。

荒木式肉食ダイエット法は、まず、
糖類をできる限り摂らないようにしています。

糖といっても、砂糖や菓子、ジュースばかりでなく、
果物やでんぷん質の米、パン、麺類、いも類や
とうもろこしも糖と考えます。

また、徹底的に糖の摂取を抑えるのなら、
大豆製品にも気をつけなければいけません。

大豆製品はダイエット効果がある食品とされていますが、
摂りすぎると太ってしまうのです。

大豆の成分は35%がたんぱく質で
残りの65%はでんぷん質です。

ただし、豆腐や高野豆腐は大豆たんぱく質だけを
固めているので、摂ってもいいとされています。

そのほか、野菜や加工食品、ハム・ソーセージなども
糖が含まれているものが多いので、成分表で
確認するといいでしょう。

ともあれ、肉食ダイエットは医療に携わっている医師が
考案されたということで信憑性もありますね。

スポンサードリンク

Return to page top