コスメ

ホーム » 肉だけ編 » 肉食ダイエットの正しい考え方|運動しなければ意味がない?

スポンサードリンク

肉食ダイエットの正しい考え方|運動しなければ意味がない?

やせ・肥満3S.jpg

「ダイエットのために肉だけを食べる」というのは、
これまでのダイエット法からは考えにくいですね。

ただ、実際この肉食ダイエットで痩せた方が
たくさん出ているようです。
では、毎日肉だけ食べていれば痩せられるのでしょうか。

人間は本来肉食動物であり、イヌイット(エスキモー)は
年間の食事の90%以上を動物性たんぱく質を摂って
生活しています。

このことから考えると、人間の食の原点と
言ってもいいでしょう。

イヌイットは肉ばかり食べていますが、
なぜか生活習慣病にはなりません。
ただし、イヌイットが食べている肉はアザラシです。

では、日本人がアザラシの肉を毎日
食べられるかというと無理ですね。

日本人が毎日食べることができる肉といったら、
豚、牛、鶏、ラムなどでしょう。

ここを勘違いしやすいのですが、肉食ダイエットの
基本の考え方は、肉だけを食べるということではなく、
糖を摂らない食事をするということです。

そして、肉を食べるということは、
たんぱく質を摂るというだという認識が必要です。

つまり、ヒトの体を作るのに大切なたんぱく質をたくさん摂って、
それを筋肉や骨に変える行動をしなければ意味がないのです。
肉だけ食べて運動をしなければ、当然太るだけです。

しっかり筋肉を作り、基礎代謝を上げて、充分に脂肪燃焼
できる体にすることが大切なので、普段の生活の中で
身体を動かさなければいけません。

ですから、エスカレーターを階段に変えたりなど、
ちょっとした運動で肉食ダイエットも効果があがるというものです。

スポンサードリンク

Return to page top