コスメ

ホーム » 肉だけ編 » 肉食ダイエットは本当に心配ないのか?

スポンサードリンク

肉食ダイエットは本当に心配ないのか?

栄養バランスS.jpg

肉食ダイエットについて、これまでよい点を説明してきましたが、
本当に体にとって心配はないのでしょうか。

肉食ダイエットは肉や魚などのたんぱく質だけを食べて、
野菜や炭水化物、糖分、脂肪分をできる限り摂らないダイエットです。

人の体はバランスのとれた栄養素を摂ることで
健康が保たれるとこれまで考えられてきました。

そのように考えると、肉中心の食生活で本当に健康な体を
作れるのか心配になる方も多いのではないでしょうか?

肉食ダイエットの考案者 崇高クリニックの荒木院長は、
「肥満、糖尿病の改善ができる」ということのほかに
「炭水化物が生活習慣病を引き起こす」とまで語られています。

この肉食ダイエットを続けずダイエット前の食生活に戻ったら、
また、肥満や生活習慣病にかかる可能性も否定できません。

ただ、長期間肉食ダイエットを行うと、健康に障害が
生じるとも言われているのです。

日本人の腸は白人に比べて長く、穀物を消化吸収しやすいように
できています。

メタボの原因が欧米食に変わったことであるなら、
日本人の食生活が肉食中心になったということでしょう。

そのような中で、肉中心のダイエットを行うことに
否定的な意見も多く見られるわけです。

また、短絡的に肉を食べると痩せると考えてしまうと、
大きな間違いを起こすことも考えられます。
肉が痩せる薬になるのではないということです。

ですから、肉食ダイエットを行うのなら、
しっかりと正しい情報を取り入れることが大切です。

スポンサードリンク

Return to page top