コスメ

ホーム » 脂肪燃焼編 » 脂肪燃焼スープに入れる野菜の効能|体に良い6種類の野菜

スポンサードリンク

脂肪燃焼スープに入れる野菜の効能|体に良い6種類の野菜

野菜S.jpg

今回は脂肪燃焼スープの材料となる野菜についてご紹介します。
脂肪燃焼スープには6種類の野菜が使われていますが、

それぞれビタミン、ミネラルが豊富に含まれ、
その効能によって脂肪が燃焼されていくわけです。

脂肪燃焼スープでメインになるのはキャベツで、
キャベツは生で食べるより火を通すことで
活性酸素をなくす働きが5倍にも上がります。

ニンジンに含まれるカロチンは、体を温め冷えを予防し、
これも活性酸素をなくす働きがあります。

トマトには、抗酸化作用の高いリコピンが豊富に含まれ、
これはアンチエイジングに欠かせない栄養素ですね。

玉ネギには、血液をサラサラにする硫化アリルが
含まれているので、動脈硬化や血栓を予防します。

ピーマンに含まれているビタミンCは肌にハリを与え、
シミを予防してくれるので美肌効果は抜群ですし、

このピーマンに含まれるビタミンCは加熱しても
壊れにくいという特徴があります。

セロリは、ミネラルが豊富に含まれている野菜の代表格で、
カルシウムやカリウムを摂ることができますし、

芯だけでなく葉のほうはビタミンが豊富なので
脂肪燃焼スープに細かく刻んで入れてもいいかと思います。

このように脂肪燃焼スープには体に大変良い野菜を
豊富に使って作るのです。

加えて、細胞が活性化して健康的な体を作る
効果もあるとされています。

また、他に食事ダイエットにありがちな、栄養の偏りによる
体力低下の心配が、この脂肪燃焼スープダイエットにはありません。
体に無理なくできるのが嬉しいですね。

スポンサードリンク

Return to page top