コスメ

ホーム » 生麦編 » 簡単な生姜の使い方| ジャム・納豆・中華

スポンサードリンク

簡単な生姜の使い方| ジャム・納豆・中華

パンを食べる女性L.jpg

前回に引き続き、簡単な生姜の利用法です。

「生姜のジャムを作り置きしておく。」

生姜でジャムを作って保存しておけば、朝食がパンの方も
朝からたっぷり生姜を摂ることができますね。

おやつに、薄味のビスケットやクッキーなどに
付けて食べてもとても美味しくいただけます。

もちろん、ダイエットのための生姜ですから、
ビスケットやクッキーは控えめにしましょう。

「納豆に混ぜる。」

納豆についているからしやタレの代わりに、
すりおろした生姜を混ぜてみるのです。

からしの辛さではなく、生姜の辛さと風味で、
それまでの納豆が新鮮な味わいになります。
ご飯もとてもすすむ1品です。

「中華のおかずには必ず多めに入れる。」

中華料理に生姜はつきものですが、これまで生姜を入れていなかったり、
レシピ通りにひと片だけ入れていたら、もっと多めに入れてみましょう。

それに、市販の調味料の素を使ったときも、必ず生の生姜を入れてください。
格段に風味が上がり、さらに本格的に味わえます。

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top