コスメ

ホーム » 生麦編 » 生姜の保存方法|使用用途に合わせて保存

スポンサードリンク

生姜の保存方法|使用用途に合わせて保存

料理S.jpg

生姜ダイエットになくてはならない生姜ですが、
1日30gの摂取となると、ひとつずつ買っていたのでは、

すぐになくなってしまうし、たくさん買い置きしても、
最後の方はしなびてしまったなんてことになりかねませんね。
ですので今回は、生姜の保存方法をいくつかご紹介していきます。

保存方法を知っていれば、いつでも手軽に生姜料理や
生姜ドリンクが作れるので、ダイエット成功には必要なことです。

レシピでご紹介した生姜ジャムもひとつの
保存方法なので、そちらも参考にしてください。

まず、すぐに使えるようにすりおろした生姜を保存する方法です。
すりおろした生姜を、1回に使用する分量ずつバットなどに並べ、
そのまま冷凍します。

1~2時間ほどで完全に冷凍されるので、
それを次はジップロックなどに移して保存します。
こうすると、くっつかず1回分ずつの保存に向いています。

千切りにした生姜も1回分ずつにラップで包んでおくか、
または、そのままジップロックに入れて、
使うときに必要な分量だけ取り崩しながら使えます。

生姜を生のまま、できるだけ長く保存するのなら、
濡らした新聞紙で包み、ビニール袋にいれるといいです。

新聞紙のインクが気になったら、キッチンペーパーを
数枚重ねたものでもOKです。

すりおろして使うことが多い方は、生姜をよく洗って、
そのままサランラップで包み、冷凍するという方法もラクでいいですね。
その場合、使う分だけすりおろして、またすぐに冷凍室へしまいましょう。

また、生姜を炒め物に使うことが多い方は、サラダオイルなどに
すりおろした生姜を浸けておく方法もあり、こうすると長持ちし、
炒め物のたびにおろす必要がなく便利です。

いかがでしょう。
このように生姜の保存方法もいろいろありますから、
使い方に合わせて上手に取り入れてみてください。

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top